• Tomoyuki Saito

バクロフェン(リオレサール、ギャバロン)



バクロフェンは筋肉の緊張を取る薬として日本でも使われている薬です。

これは脳のGABA受容体という場所に作用して神経の興奮を抑えるんですが、これがアルコール依存症の治療に有効という報告があります。

お酒を飲まないでいられる期間を増やす効果があるというものですが、ただ、ちょっと一定の結果が出ているわけではないのです。

効果がなかったとする研究結果もたくさんあり、また大量に使うと効果があるという研究結果もあるのですが、大量に使うと眠くなる副作用がかなり出てしまうようです。

そんなわけで、ガイドラインでは、もし他の薬でダメだったら使っても良いという、2番手の薬という位置づけになっています。

ちなみに、日本では筋肉の緊張をとる目的だけで使用が承認されているので、アルコール依存症の治療にはほとんど使われていません。

アルコール依存症の治療ガイドライン徹底解説へ戻る

#依存症

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com