• Tomoyuki Saito

バルベナジンの1年間の調査結果



以前、こちらのブログ(下記参照)でもジスキネジアの薬としてバルベナジンを紹介したと思います。日本ではまだ認可されていないため使われていませんが、アメリカでは認可が得られています。

ジスキネジアの薬(バルベナジン、デューテトラベナジン)

そんな中、バルベナジンの1年間の使用調査結果が報告されました。こちらは、医学論文として発表されています。

引用文献:Factor SA, et al. The Effects of Valbenazine in Participants with Tardive Dyskinesia: Results of the 1-Year KINECT 3 Extension Study. J Clin Psychiatry. 2017. バルベナジンを投与された人たちが持つ元々の精神疾患は、統合失調症やうつ病、双極性障害などです。こうした病気に抗精神病薬という脳のドパミンをブロックする薬が使われますが、特に古いタイプの抗精神病薬を長期間飲むと、ジスキネジアという口や舌が勝手に動いてしまう副作用が出ることがあります。しばらくしてから出現するので遅発性ジスキネジアとも呼ばれます。残念ながら、このジスキネジアという副作用は治りにくいのです。 ずっとジスキネジアの薬は無かったのですが、最近になりバルベナジンという薬が開発されました。引用する調査報告(上記)には198人のデータが入っています。このうち、約6割の方で一年間の調査を完了しました。方法としては、48週間にわたってバルベナジンを使い、最後の4週間をかけて中止するという流れです。バルベナジンを使っている間に、アカシジア(足がむずむず、そわそわする症状で抗精神病薬の副作用です)やパーキンソニズム(パーキンソン病のように体が動きにくくなる症状のことで、抗精神病薬の副作用としてよく出現します)といった副作用が出ることはなく、自殺したくなるなどの精神的な問題もありませんでした。ジスキネジアへの効果は一年間続いたようです。 つまり、バルベナジンは一年間使っても大きな問題はなく、効果も持続するという結果でした。とても好ましい結果で良かったですね。日本での発売にも期待したいところです。

#統合失調症 #うつ病 #双極性障害

764回の閲覧

最新記事

すべて表示

回答:脳梗塞後の身体と心の症状

下記の質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 70代 ■性別を選択してください。 男性 ■子供時代について教えてください。 両親は離婚し、養護施設で高校まで育つ。 ■いつから、どんな症状があるのか、時間の流れに沿っ... 9年前、脳梗塞になり、左手、左足先に少し痺れが残ったが、日常生活は、できた。しかし、仕事をやめざるを得ず、悶々とした日々が続き、次第に

回答:疲労は病気か心の問題か

下記質問をいただきましたので回答します。 ■年代を選択してください。 60代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 幼稚園から失敗は許されないと感じていて高校生まで優等生学級委員など当然のようにこなしていたし、苦痛でもとないと思っていたが、小学校からずっと、年中腹の痛み、頭痛、時々倒れるという症状があった。親が気にするなというので、我慢した。我慢強い性格だった

回答:トラウマの対応

下記内容で質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 20代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 機能不全家族で育ったため、非常におとなしくビクビクして過ごす子どもでした。 父親は酒乱で乱暴、身体的にも精神的にも虐待を行う人でした。性格は短気で理不尽、理論的な話し合いができなく、気に入らない事があると直ぐに手をあげて怒鳴り散らすような人物です。

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com