• Tomoyuki Saito

個人の健康データから自殺を予見


今回は、個人の健康データから自殺企図のリスクを予見するという研究をシェアします。

引用元:Predicting Suicidal Behavior From Longitudinal Electronic Health Records. The American Journal of Psychiatry. 2017.(論文タイトル、雑誌名、発表年)

これは、アメリカで行われたものです。

最近は医療、健康面の情報を電子データとして保存しておく流れがあります。

例えば、どんな病気をしたことがあり、どんな薬を使ったことがあるかという記録です。

こうしたデータは個人情報なので、セキュリティの問題があるのですが、やはり、有効活用すれば、メリットがあります。

こうした電子データを精神科領域でも役立てることができるのではないか?

と考えて行われた研究をご紹介します。

なんと、自殺企図のリスクを、データから予見するというものです。

精神科においては、患者さんにとっても、医師にとっても、自殺企図は絶対に避けたい問題です。

これを防ぐには、まずは自殺のリスク評価が大事だと言われています。

問題を解決するには、まずはその問題を認識することから始めますよね?

リスクを回避するときも、まずはそのリスクを認識することから始めるということです。

こうした自殺のリスクを、データサイエンスを使って認識していくわけです。

この研究では、1998年から2012年にかけての個人の健康面のデータが使われました。

いわゆる後ろ向きの研究というもので、過去のデータを振り返って解析したものになります。

三回以上の通院があった人が調査対象になったようで、その人数は1,728,549人。

ビッグデータですね。

これらの人の自殺企図の有無について、確認されました。

その結果、1.2%にあたる20,246人の方に自殺企図があったとのことです。

更に統計を使って調べていくことで、自殺企図のリスクを予見するには、何が大事なのかが見えてきました。

一つには、当たり前ですが、精神疾患の有無です。

精神疾患がある方では、どうしても自殺のリスクは上がってしまいます。

また、これとは別に、健康面の問題も関係していることが分かりました。

慢性的に長く続く病気を持っている人は、自殺企図のリスクが高まるということです。

このような方法でリスクをしっかりと評価できれば、誰にどのようなサポートをすべきかが見えてきます。

しっかりサポートすれば、自殺はある程度は回避できます。

より効果的に困っている人々をサポートしていくためにも、こうした健康面のデータの利用が有効のようですね。

特に、日本では自殺率の高さが問題になっていますので、健康データの利用については、もっと考えて良いのかもしれません。

#自殺

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

回答:脳梗塞後の身体と心の症状

下記の質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 70代 ■性別を選択してください。 男性 ■子供時代について教えてください。 両親は離婚し、養護施設で高校まで育つ。 ■いつから、どんな症状があるのか、時間の流れに沿っ... 9年前、脳梗塞になり、左手、左足先に少し痺れが残ったが、日常生活は、できた。しかし、仕事をやめざるを得ず、悶々とした日々が続き、次第に

回答:疲労は病気か心の問題か

下記質問をいただきましたので回答します。 ■年代を選択してください。 60代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 幼稚園から失敗は許されないと感じていて高校生まで優等生学級委員など当然のようにこなしていたし、苦痛でもとないと思っていたが、小学校からずっと、年中腹の痛み、頭痛、時々倒れるという症状があった。親が気にするなというので、我慢した。我慢強い性格だった

回答:トラウマの対応

下記内容で質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 20代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 機能不全家族で育ったため、非常におとなしくビクビクして過ごす子どもでした。 父親は酒乱で乱暴、身体的にも精神的にも虐待を行う人でした。性格は短気で理不尽、理論的な話し合いができなく、気に入らない事があると直ぐに手をあげて怒鳴り散らすような人物です。

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com