• Tomoyuki Saito

SSRIによる性的倒錯の治療


性的倒錯は、強迫性障害に近い場合があります。

強迫性障害とは、なんども同じ考えが浮かんだり、同じことを繰り返す病気です。

例えば、家の鍵をしめたのに、鍵がしまってないという考えが浮かんできて、なんどもしまっているか確認してしまうというものです。

自分でも考えや行動を抑えることができず、衝動的に動いてしまいます。

つまり、衝動をコントロールできない病気とも言えます。

性的倒錯も、異常な性的な考えが浮かんできて、衝動的に行動に出てしまう人がいます。

このように衝動をコントロールできないタイプの性的倒錯は、強迫性障害に似ています。

このため、強迫性障害の治療にそって、性的倒錯を治療する場合があります。

強迫性障害では、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRIと略します)という抗うつ薬の一種を使うのですが、同じように性的倒錯にもSSRIを使うという治療があるのです。

これで、性的な衝動を抑えるわけです。

ただ、性犯罪を防ぐほどの効果があるというデータはないので、性犯罪のリスクがある人には不十分な治療になります。

また、再三お伝えしている通り、今の日本では、SSRIを性的倒錯の治療として使うことは公的に認められていません。

性的倒錯の治療ガイドラインの徹底解説へ戻る

#性的倒錯

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com