• Tomoyuki Saito

SSRIによる性的倒錯の治療


性的倒錯は、強迫性障害に近い場合があります。

強迫性障害とは、なんども同じ考えが浮かんだり、同じことを繰り返す病気です。

例えば、家の鍵をしめたのに、鍵がしまってないという考えが浮かんできて、なんどもしまっているか確認してしまうというものです。

自分でも考えや行動を抑えることができず、衝動的に動いてしまいます。

つまり、衝動をコントロールできない病気とも言えます。

性的倒錯も、異常な性的な考えが浮かんできて、衝動的に行動に出てしまう人がいます。

このように衝動をコントロールできないタイプの性的倒錯は、強迫性障害に似ています。

このため、強迫性障害の治療にそって、性的倒錯を治療する場合があります。

強迫性障害では、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRIと略します)という抗うつ薬の一種を使うのですが、同じように性的倒錯にもSSRIを使うという治療があるのです。

これで、性的な衝動を抑えるわけです。

ただ、性犯罪を防ぐほどの効果があるというデータはないので、性犯罪のリスクがある人には不十分な治療になります。

また、再三お伝えしている通り、今の日本では、SSRIを性的倒錯の治療として使うことは公的に認められていません。

性的倒錯の治療ガイドラインの徹底解説へ戻る

#性的倒錯

最新記事

すべて表示

GnRHアナログによる性的倒錯の治療

アナログは類似物とか類似体という意味です。 私たちの体の中には、性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)放出ホルモン、略してGnRHというホルモンがあり、人間の生殖機能に対して重要な役割を担っています。 そのGnRHと似た働きを持つ薬物なので、GnRHアナログと言うわけです。 このGnRHアナログは、日本でも、子宮内膜症や子宮筋腫,前立腺癌、乳癌などの治療に用いられます。 そして、性欲を抑える効果も強い

男性ホルモンを抑える性的倒錯の治療

性欲と男性ホルモン(アンドロゲンとも言います。色々ありますが、主な男性ホルモンはテストステロンです)は関係していると考えられています。 男性ホルモンの働きを抑えることで、性欲を抑えるという治療があり、これが性的倒錯の治療に用いられることがあります。 プロゲステロンという、女性の妊娠などに関わるホルモンには、男性ホルモンを抑える効果がありますが、このプロゲステロンと似たような働きをする薬物が、男性ホ

性的倒錯の治療ガイドラインの徹底解説

異常性欲などとも言われますが、性的倒錯(小児性愛や性的サディズムなど)の治療についてガイドラインを元に解説します。 元にするガイドラインは、世界生物学的精神医学会が2010年に発表したものです。 参考文献:The World Federation of Societies of Biological Psychiatry (WFSBP) Guidelines for the biological

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com