• Tomoyuki Saito

精神疾患をVRで治療する


(こちらは昨年にnoteで公開した記事を一部修正して公開しています)

被害妄想という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

自分が誰かに攻撃されるとか、狙われているなどと思い込むものです。

この被害妄想は、ちまたでも使われる言葉だと思います。

誰でも状況次第で、ふと、そんな気分になることもあるでしょう。

人間が疑心暗鬼にかられることは、めずらしくありません。

ただ、精神科で「妄想」という言葉を使う場合は、かなり程度の強いものです。

実際にはないことなのに、完全にあることだと信じこんでいる、確信している場合をいいます。

例えば、電車に乗ったら、同じ車両に乗り合わせた人たち全員が共謀していて、自分を殺そうとしているなどと思い込んでしまうような。

これは現実的にはありえませんが、そうだと確信してしまうのが典型的な被害妄想です。

ちまたで使われる意味合いよりも、もっと病的だということが分かってもらえたでしょうか?

たとえ、「あの人は自分に対して何か良からぬことをしているのではないか」などと証拠もなく疑ってしまうような場合でも、半信半疑だったり、自分で考えすぎだなと思ったりしているような段階、確信とまではいかない段階では被害妄想とは言わないです。

これが、被害妄想という言葉の定義ですね。

さて、そんな被害妄想ですが、このせいで、誰も信用できなくなり、誰にも会いたくないと家の中に引きこもったりなどと、人間を遠ざけてしまう人が多くいます。

本人はただ自分の安全を確保しようとしているだけなんですが、そうやって人を遠ざける行動パターンにはまってしまうと、人と会う恐怖を克服することはできません。

ただ、被害妄想のある方に、人のいるところに行こうと誘っても、怖いからといって拒否するのが普通です。

そこで、現実に人と会うのが難しくても、バーチャルリアリティ(VR)のテクノロジーを使って人に会う練習をすればいいんじゃないかという発想が生まれたようです。

今回は、バーチャルリアリティが精神科の治療に使われたという論文をご紹介します。

Virtual reality in the treatment of persecutory delusions: randomised controlled experimental study testing how to reduce delusional conviction. The British Journal of Psychiatry. 2016.

バーチャルリアリティって、見たことあるでしょうか?

大きなゴーグルをかけると、そのゴーグルの内側に映像や音声が流れます。

視界の全てを使って映像が流れるので、強い臨場感を味わうことができます。

バーチャルリアリティは、もはやめずらしいものではありません。

今なら、スマホを持っていれば、ハコスコとか使って誰でも手軽に楽しめます。

今回ご紹介するものは、イギリスのオックスフォード大学の方々が中心となって作った、バーチャルリアリティによる被害妄想の治療プログラムです。

作られたプログラムは、暴露療法と認知行動療法の2種類。

暴露療法とは、自分が怖いと思う状況に積極的にあえて飛び込み、恐怖体験に暴露されるというやり方。

認知行動療法は、物事の捉え方、考え方を修正して、嫌な感情を引き起こさないようにするという治療です。

この2つのプログラムは両方ともバーチャルリアリティを使って作られました。

そして、この効果を比較する研究に、被害妄想に苦しむ30人が参加しました。

参加者は、どちらか一つのプログラムを受けてもらいます。

どちらのプログラムを受けるのかは、誰かが決めるのではなく、くじ引きみたいな方法でランダムに選ばれました。

このランダムに選ぶという方法は、研究ではよく使われます。誰かが選ぶと、えこひいきしたりなど、ズルができてしまいます。

そういう不正を防ぐためにランダムに選ぶわけです。

さて、結果はというと、認知行動療法の方が、暴露療法よりも被害妄想を改善できたという結果でした。

今後は、バーチャルリアリティを使った認知行動療法が進むかもしれません。

こうしたバーチャルリアリティの治療プログラムが作られただけでもすごいことですが、この研究では、もう一歩踏み込み、どういったプログラムが良いのかという、プログラムの優劣まで調べているわけです。

かなり具体的なところまで、研究が進んでいますね。

もっと大人数でのデータをとったり、どのくらい効果が長続きするのかを調べたりなど、さらなる研究が必要になるとは思いますが、これは実用化も近い気がします。

そのうち、精神科の診察室にバーチャルリアリティの機械が置かれる日もくるはずです。

#統合失調症

175回の閲覧

最新記事

すべて表示

回答:脳梗塞後の身体と心の症状

下記の質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 70代 ■性別を選択してください。 男性 ■子供時代について教えてください。 両親は離婚し、養護施設で高校まで育つ。 ■いつから、どんな症状があるのか、時間の流れに沿っ... 9年前、脳梗塞になり、左手、左足先に少し痺れが残ったが、日常生活は、できた。しかし、仕事をやめざるを得ず、悶々とした日々が続き、次第に

回答:疲労は病気か心の問題か

下記質問をいただきましたので回答します。 ■年代を選択してください。 60代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 幼稚園から失敗は許されないと感じていて高校生まで優等生学級委員など当然のようにこなしていたし、苦痛でもとないと思っていたが、小学校からずっと、年中腹の痛み、頭痛、時々倒れるという症状があった。親が気にするなというので、我慢した。我慢強い性格だった

回答:トラウマの対応

下記内容で質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 20代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 機能不全家族で育ったため、非常におとなしくビクビクして過ごす子どもでした。 父親は酒乱で乱暴、身体的にも精神的にも虐待を行う人でした。性格は短気で理不尽、理論的な話し合いができなく、気に入らない事があると直ぐに手をあげて怒鳴り散らすような人物です。

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com