• Tomoyuki Saito

うつ病の再発をリチウムで防ぐ


うつ病は治療し治った後も、再発する可能性がある病気です。

一生のうちに何度も再発するような人もいます。

このように再発を繰り返す人は、どうやったら再発を防ぐかという課題を抱えています。

うつ病が良くなった後も抗うつ薬を飲み続けると、再発の可能性を減らすことができます。

うつ病のガイドラインでは、抗うつ薬を数ヶ月飲み続けることが勧められていますので、日本でも、一般的なメンタルクリニックでは、抗うつ薬をしばらく続けるように患者さんに説明しています。

ただし、それでも再発する人もいるので、もっと良い治療法を考えなければなりません。

今回は、うつ病の再発予防の研究をご紹介します。

Pharmacological treatments and risk of readmission to hospital for unipolar depression in Finland: a nationwide cohort study. Lancet Psychiatry. 2017(論文タイトル、雑誌名、発表年)

北欧のフィンランドの研究ですね。

この研究では、1987年から2012年の間にうつ病のため入院した人の記録を検証しています。

普通、うつ病は外来に通院しながら治します。

入院するということは、かなり重症のうつ病の方たちです。

この人たちがどんな薬を飲み、その後にまたうつ病を再発して入院していないかどうかなどが調べられました。

かなりたくさんの人のデータが調べられたようで、その数、約12万人です。

この調査結果では、抗うつ薬を飲むよりも、リチウムという薬を飲む方がうつ病を再発して入院する可能性を下げるという結果が出ました。

リチウムは主に双極性障害(躁うつ病)に使う薬ですが、抗うつ薬と一緒に使うことでうつ病を治療する場合もあります。

しかし、この研究結果では、リチウムと抗うつ薬を一緒に使うという一般的な方法よりも、リチウムだけを使う方が、うつ病が再発する可能性が低かったということです。

うつ病を何度も再発する人には、抗うつ薬よりもリチウムを使う方が良いのかもしれません。

ただ、まだ結論が出たわけではありません。

これは、過去のデータを振り返っただけなので、まだ確実なことは言えない研究スタイルです。

薬の有効性を調べるときは、ランダム化比較試験というスタイルを用いるので、今後はリチウムのランダム化比較試験をして、本当にリチウムにうつ病の再発を抑える効果があるのか検証する必要があります。

今後の研究に期待しましょう。

#うつ病

59回の閲覧

最新記事

すべて表示

回答:脳梗塞後の身体と心の症状

下記の質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 70代 ■性別を選択してください。 男性 ■子供時代について教えてください。 両親は離婚し、養護施設で高校まで育つ。 ■いつから、どんな症状があるのか、時間の流れに沿っ... 9年前、脳梗塞になり、左手、左足先に少し痺れが残ったが、日常生活は、できた。しかし、仕事をやめざるを得ず、悶々とした日々が続き、次第に

回答:疲労は病気か心の問題か

下記質問をいただきましたので回答します。 ■年代を選択してください。 60代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 幼稚園から失敗は許されないと感じていて高校生まで優等生学級委員など当然のようにこなしていたし、苦痛でもとないと思っていたが、小学校からずっと、年中腹の痛み、頭痛、時々倒れるという症状があった。親が気にするなというので、我慢した。我慢強い性格だった

回答:トラウマの対応

下記内容で質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 20代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 機能不全家族で育ったため、非常におとなしくビクビクして過ごす子どもでした。 父親は酒乱で乱暴、身体的にも精神的にも虐待を行う人でした。性格は短気で理不尽、理論的な話し合いができなく、気に入らない事があると直ぐに手をあげて怒鳴り散らすような人物です。

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com