• Tomoyuki Saito

多発性硬化症とうつ症状と脳の炎症



ばい菌が体の中に入ると炎症が起きて、感染した部分が腫れたり、熱を持ったりします。人間が持つ免疫による反応です。こうした炎症は色々なケースで起きます。特に細菌やウイルスに感染しなくても、自分自身で自分の体の中に炎症を起こしてしまう病気もあり、自己免疫疾患などと呼ばれます。例えば、関節リウマチでは関節に炎症が起きますが、自己免疫疾患の中には脳や神経に炎症が出る病気もあります。

このように、様々な炎症があるのですが、脳の炎症、神経の炎症が精神疾患に関わるという仮説があります。特に、気持ちが落ち込んだり、体が疲れたり、だるくなったりという症状と関わると言われています。これらは、うつ病の症状です。つまり、脳に炎症が起きて、うつ病と同じ症状が出るということです。

この、うつ病の神経炎症仮説は世界中で研究が進んでいます。今回は、多発性硬化症という脳や脊髄の神経に炎症が起きる病気とうつ病の関係を調べた研究論文を紹介します。

引用文献:Neuroinflammation drives anxiety and depression in relapsing-remitting multiple sclerosis. Neurology. 2017(論文タイトル、雑誌名、発表年)

多発性硬化症は神経、つまりニューロンの軸索というひょろりと伸びた部分に炎症が起きる病気です。感染のせいではなくて、自分で炎症を引き起こしてしまう病気です。このため、体の一部が痺れたり、動きにくくなったり、目が見えにくくなったりと様々な症状が出ます。また、一度良くなっても、また再発する病気です。

多発性硬化症の人はうつ病になりやすく、それはなぜなのかずっと議論になってました。もちろんどんな病気であれ精神的なストレスは多くなるので、そのせいだという考え方もあります。しかし、脳の炎症がうつ病を引き起こしている可能性もあるのです。

この研究には405人の多発性硬化症の患者さんたちが参加しました。多発性硬化症が良くなったり悪くなったりを繰り返している方々です。うつ病の症状と不安症状のアンケートが行われ、それと頭のMRIや脳脊髄液の検査データとの関連性が調べられています。

脳や脊髄に炎症が起きると、脳脊髄液の中のサイトカインという炎症に関わる物質が増えます。そのサイトカインの中で、TNF-αとインターロイキン1β(IL-1β)というサイトカインがうつ症状に、インターロイキン2(IL-2)というサイトカインが不安症状に関連していました。また、MRIの所見はあまり関係がなかったようで、精神症状については脳脊髄液の結果の方が関係が深いようです。本来、MRIは多発性硬化症の一番の検査なのですが、うつ症状などの精神症状を考える分にはMRIは不十分ということです。さらに、多発性硬化症で不安症状が高まる人は、再発の兆候の可能性も考えられるとのこと。つまり、情緒不安定になってきたら脳に炎症が起きているサインだという可能性があるというのです。

一般的に、精神的に不安定の人を見るとストレスがたまっているのかなと思う人が多いと思いますが、今回の研究結果のように、脳の病気などで精神症状が出る場合もあるのです。今後は、うつ病の症状がひどい場合なんかは脳の状態を調べる時代になるかもしれません。しかし、日本では脳脊髄液を検査できるところはとても少ないですし、検査できたとしてもサイトカインは測定しにくいと思います。高度な医療を行うためには、医療に必要な体制を整備することが必要ですね。

#うつ病 #不安障害

990回の閲覧

最新記事

すべて表示

回答:脳梗塞後の身体と心の症状

下記の質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 70代 ■性別を選択してください。 男性 ■子供時代について教えてください。 両親は離婚し、養護施設で高校まで育つ。 ■いつから、どんな症状があるのか、時間の流れに沿っ... 9年前、脳梗塞になり、左手、左足先に少し痺れが残ったが、日常生活は、できた。しかし、仕事をやめざるを得ず、悶々とした日々が続き、次第に

回答:疲労は病気か心の問題か

下記質問をいただきましたので回答します。 ■年代を選択してください。 60代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 幼稚園から失敗は許されないと感じていて高校生まで優等生学級委員など当然のようにこなしていたし、苦痛でもとないと思っていたが、小学校からずっと、年中腹の痛み、頭痛、時々倒れるという症状があった。親が気にするなというので、我慢した。我慢強い性格だった

回答:トラウマの対応

下記内容で質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 20代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 機能不全家族で育ったため、非常におとなしくビクビクして過ごす子どもでした。 父親は酒乱で乱暴、身体的にも精神的にも虐待を行う人でした。性格は短気で理不尽、理論的な話し合いができなく、気に入らない事があると直ぐに手をあげて怒鳴り散らすような人物です。

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com