• Tomoyuki Saito

医療用マリファナ


(こちらは昨年noteで公開された記事を修正したものです)

今回は、医療用マリファナについての論文をご紹介します。

日本でいう大麻、英語でカナビス(canabis)とも言いますね。

日本では法律で禁止されているマリファナですが、アメリカでは多くの州で解禁されています。

まあ、そうした政策の話はさておき、マリファナは薬としての効果があるということは皆さん、知っているでしょうか?

これは、医療用のマリファナ、医療用大麻などと言われます。

例えば、マリファナには吐き気止めや痛み止めとしての効果があるのは、わりと有名な話です。

こうした効能を病気で苦しんでいる人に活用するのが、医療用のマリファナです。

マリファナには様々な成分が含まれていますが、主だったものとしては、テトラヒドロカンナビノール(Tetrahydrocannabinol: THC)という使うと気持ちよくなるという精神的な作用があるものと、カンナビジオール(cannabidiol: CBD)という、そういった精神的な作用が無いものがあるそうです。

そして、カンナビジオール(CBD)の方は、精神作用もないから安全ですし、薬としての効果も期待できるため、注目されているみたいですね。

ちなみに、マリファナ、大麻の成分は医療用だとしても日本では法律で禁止されています。

知らずに外国から持ち込んで、逮捕されたりしないようにしてください。

さて、ここではアメリカの神経学会(American Academy of Neurology)が2014年に発表した論文を紹介します。

Systematic review: Efficacy and safety of medical marijuana in selected neurologic disorders. Neurology. 2014. 29; 82: 1556–1563.

これはシステマティック(系統的)レビューというもので、様々な研究報告のまとめです。

まあ、簡単に言えば、科学的にしっかり作ったまとめサイトみたいなものです。

ここでは、1948年から2013年の11月までに発表された論文の中で有力なものを集めてまとめています。

つまり、65年もの長きにわたる人類の英知の結晶です。

といっても、マリファナの効果を全て調べたわけではありません。

神経学会が調べたものですから、脳や神経に関するものだけです。

実は、マリファナは脳の病気にともなって出現する様々な症状を和らげると言われています。

この論文では 、主に多発性硬化症という免疫の異常で脳が障害される病気について書かれています。

この多発性硬化症は、様々な症状を出す病気なんですが、その症状を和らげるのにマリファナが有効かどうかを調べた研究報告を重点的にまとめています。

その他にも、てんかんという発作的にけいれんしたり、意識を失ったりする病気や、パーキンソン病などの体が動きにくくなったり勝手に体が震えたりする病気(全部ひっくるめて運動障害と言います)に対してマリファナが効くのかどうかを調べた研究論文もまとめています。

ただ、ちょっとややこしいんですが、マリファナが脳の病気を根本的に治すというわけではなくて、ただ症状を和らげる、緩和させる形です。

中核となる治療は別にあるんです。

例えば、多発性硬化症という病気では、免疫を抑える治療が中核的な治療になります。

ただし、マリファナも症状を和らげる効果があるので、中核的な免疫の治療を行いつつ、マリファナも使ってさらに症状を和らげるという使い方になります。

もう少し身近なもので例えると、風邪の時に熱冷ましを飲むようなものです。

それで風邪のウィルスを直にやっつけることはできないけど、高熱で辛い部分だけは和らげることができます。

専門用語でいうと、対症療法というものですね。

世の中には、なんだかマリファナが色々な病気を根本から治すかのように言う人もいますが、それはちょっとオーバー。誇大広告です。

そもそも、何にでも効く万能薬なんてありませんから。

さて、一言に医療用のマリファナと言っても、マリファナを使った薬は何種類かあるようで、錠剤や、口の中にスプレーで入れるもの、吸引するものなど色々みたいです。

先ほど言ったカンナビジオール(cannabidiol: CBD)と、テトラヒドロカンナビノール(Tetrahydrocannabinol: THC)が主成分になりますが、この配分はものによって違い、大体はCBDとTHCの両方が入っているみたいですが、CBDだけのもの、THCだけのものもあったりと、色々な種類があるみたいですね。

さて、こうして沢山の研究結果を調べたところ、医療用マリファナの有効性が明らかになりました。

その結果を発表する前に言っておきますが、ここでは「多分」とか「おそらく」という風に、

いまいちはっきりしない、曖昧な表現が多用されます。

「なんだ、科学とはいい加減なものだな」「はっきりしろ」などと思われる方もいるかもしれませんが、逆です。

科学では、はっきり分からないものを、さも分かったようにいうのはタブーです。

論理の飛躍、知ったかぶりはダメということですね。

だから、科学的証拠がしっかりと出そろっていない部分は、結論を出さずに保留したり、「多分」「おそらく」などと言ったりします。

例えば、テレビで専門家がコメントするときも、ちゃんとした人ほど、「現時点では分からない」とか、「おそらくこうだと思うが、まだ断定はできない」などと言っているはずです。

「こんなことは明らかな事実」だとか「科学的に証明されている」みたいに断定する表現を多用する人の方が、怪しい、要注意だと思って下さい。

さて、それでは、この論文の結果を発表しますが、、

すでに、多発性硬化症にともなう様々な症状にマリファナが有効という科学的な証拠はそろっているみたいです。

一つ一つを細かく言うと、多発性硬化症に見られる痙性(筋肉が硬くなって動かなくなる症状)という症状には、CBDとTHCの合剤に関しては有効で、THC単独でもおそらく有効とのこと。

また、多発性硬化症の痛みに関しても同じで、CBDとTHCの合剤は有効だし、THC単独でも多分有効だろうということみたいです。

やはり、痛みに対してマリファナが効くというのは正しそうですね。

また、多発性硬化症による膀胱機能障害(尿が出にくくなったり、勝手に失禁してしまったりする症状)には、ナビキシモルス(nabiximols)というスプレータイプのCBD、THCの合剤がおそらく有効と言います。

ただし、THC単独のものだとおそらく無効とのこと。

そして、多発性硬化症にともなう手足の震え(振戦と言います)には、どのマリファナ製剤も、おそらく無効と書かれています。

マリファナといえど、どの症状にも効くということではなさそうです。

他に、多発性硬化症以外の病気にも少しだけ触れられています。

パーキンソン病に関しては、どうやら、マリファナの成分は全般的にあまり効果がないようです。

その他の運動障害については結論を出せるほどの研究結果が集まっているわけではなく、てんかんについても同様で、現在のところは証拠不十分。

2014年の時点では、否定も肯定もできない状況とのことでした。

このように、分からないことは分からないと言うのが科学の表現ですね。

まあ、あまり細かい話をしても分かりづらいですが、とにかく、マリファナと一言で言っても、中には色々な成分が含まれていること。

また、マリファナと言えば恍惚とさせるような印象が強いですが、そういう精神作用を持たない成分もあり、しかも、その成分が薬になることなどは分かってもらえたでしょうか。

いつしか、医療用のマリファナが日本でも認められる日が来るかもしれません。

ただし、今の所は全面的に禁止ですから、間違えないで下さいね。

たまに、医療用として日本で使って逮捕されている人もいますから。。


161回の閲覧

最新記事

すべて表示

回答:脳梗塞後の身体と心の症状

下記の質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 70代 ■性別を選択してください。 男性 ■子供時代について教えてください。 両親は離婚し、養護施設で高校まで育つ。 ■いつから、どんな症状があるのか、時間の流れに沿っ... 9年前、脳梗塞になり、左手、左足先に少し痺れが残ったが、日常生活は、できた。しかし、仕事をやめざるを得ず、悶々とした日々が続き、次第に

回答:疲労は病気か心の問題か

下記質問をいただきましたので回答します。 ■年代を選択してください。 60代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 幼稚園から失敗は許されないと感じていて高校生まで優等生学級委員など当然のようにこなしていたし、苦痛でもとないと思っていたが、小学校からずっと、年中腹の痛み、頭痛、時々倒れるという症状があった。親が気にするなというので、我慢した。我慢強い性格だった

回答:トラウマの対応

下記内容で質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 20代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 機能不全家族で育ったため、非常におとなしくビクビクして過ごす子どもでした。 父親は酒乱で乱暴、身体的にも精神的にも虐待を行う人でした。性格は短気で理不尽、理論的な話し合いができなく、気に入らない事があると直ぐに手をあげて怒鳴り散らすような人物です。

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com