• Tomoyuki Saito

リチウムが認知症を予防する?



リチウムは昔から双極性障害(躁うつ病)という気分が上がったり下がったりする病気の治療薬として使われてきました。

これは、過去記事の「リチウム(炭酸リチウム)による双極性障害の治療」でも紹介しました。

しかし、リチウムには脳の神経細胞を保護する力があるのではないかと言われたり、うつ病の人にも効果があると言われたりと、その広い効果が注目されています。

例えば、リチウムがうつ病の再発を防ぐかもしれないという研究結果も過去に紹介しています。

そんな中、リチウムが認知症を予防するかもしれないというデータが出てきました。

なんと、飲み水に含まれてる微量なリチウムが認知症を防ぐというのです。

これは、デンマークの研究結果です。

Association of Lithium in Drinking Water With the Incidence of Dementia. JAMA Psychiatry. 2017(論文タイトル、雑誌名、発表年)

この研究では、飲み水のリチウムを調べ、1970-2013の間に認知症と診断された人の統計データとの関連性を調べています。

だいぶ古いデータも含まれてますよね。

しっかりとした過去の記録があると、こんな感じに医学研究でも利用できるわけです。

ヨーロッパは行政データをさらりと活用できる国が多く、凄いなと思います。

この研究は期間も長いのが特徴で、1995年から2013年までデータを集め解析し続けたということです。

とても地道な努力です。

予防の研究は、時間がかかるのが難点ですが、それでも実行したのは凄いですね。

さて、その結果ですが、認知症と診断された人が飲んでる水に含まれたリチウムの平均濃度は11.5 µg/L、認知症と診断されていない人だと12.2 µg/Lということで、認知症と診断された人の方が飲んでいた水に含まれているリチウムの濃度が低かったんです。

これは統計学的に解析しても偶然とかたまたまではない数字でした。

また、リチウム濃度別に解析しても、リチウムが10.1-15µg/Lの水を飲んでいた人、15µg/Lより濃い濃度を飲んでいた人は認知症のリスクが低いという結果でした。

これはリチウムが2.0-5.0と非常に少ない水を飲んでいる人と比べて解析した結果です。

つまり、リチウム濃度は低いよりも高い方が良いということ。

水は生きていく上で飲み続けるものですが、リチウムが含まれたものを飲み続けると脳を守ることができ、ボケ防止になるのかもしれません。

ただ、住んでいる地域の違いなど、飲み水のリチウム以外の要素が影響した可能性もあります。

今後は他の地域のデータが出てくると、よりはっきりとしてくるはずです。

できたら日本のデータなども出てくると良いですが、日本は統計的な研究のインフラがヨーロッパほど整ってないのが課題ですかね。

#認知症 #双極性障害

158回の閲覧

最新記事

すべて表示

回答:脳梗塞後の身体と心の症状

下記の質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 70代 ■性別を選択してください。 男性 ■子供時代について教えてください。 両親は離婚し、養護施設で高校まで育つ。 ■いつから、どんな症状があるのか、時間の流れに沿っ... 9年前、脳梗塞になり、左手、左足先に少し痺れが残ったが、日常生活は、できた。しかし、仕事をやめざるを得ず、悶々とした日々が続き、次第に

回答:疲労は病気か心の問題か

下記質問をいただきましたので回答します。 ■年代を選択してください。 60代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 幼稚園から失敗は許されないと感じていて高校生まで優等生学級委員など当然のようにこなしていたし、苦痛でもとないと思っていたが、小学校からずっと、年中腹の痛み、頭痛、時々倒れるという症状があった。親が気にするなというので、我慢した。我慢強い性格だった

回答:トラウマの対応

下記内容で質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 20代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 機能不全家族で育ったため、非常におとなしくビクビクして過ごす子どもでした。 父親は酒乱で乱暴、身体的にも精神的にも虐待を行う人でした。性格は短気で理不尽、理論的な話し合いができなく、気に入らない事があると直ぐに手をあげて怒鳴り散らすような人物です。

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com