• Tomoyuki Saito

ジスルフィラム(ノックビン)



アルコール依存症の治療について、世界生物学的精神医学会のガイドラインに沿って解説しています。

今回は、ジスルフィラムという薬を解説します。

商品名だと、ノックビンです。

これは、アルコールを分解する酵素を阻害する薬で、これを飲んだ状態でお酒を飲むと二日酔い状態のような気持ち悪さが出ます。

つまり、お酒の有害作用、中毒症状を高めてしまう薬です。

これとアルコールを一緒に体内に入れると、すごく気持ち悪くなるので、お酒を飲みたくなくなるという理屈で治療します。

しかし、少し飲むだけでも気持ち悪くなるので、大量に飲むと非常に危険です。

アルコールの中毒症状が強く出るからです。

この危険性から、世界的には使用が減っているそうです。

似たような薬にシアナマイドというものもあり、日本では使用されていますが、こちらはガイドラインでは言及されていませんでした。

さて、このジスルフィラムは、実は、効果についてもはっきりしません。

アルコール依存症に対する効果があるとする研究結果もあれば、効果が確認できなかったというものもあり、有効性についてはあやふやな感じなのです。

その上、危険性もあります。

こうしたことから、ガイドラインでは二番手のお薬という位置付けになっています。

とにかく、この薬を飲む限りはお酒を完全に絶たないと危険なので、しっかりとお酒をやめるよう管理しないといけません。

そのために、依存症の心理療法やサポートも十分に受けながら治療した方が良いでしょう。

アルコール依存症の治療ガイドライン徹底解説へ戻る

#依存症

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com