• Tomoyuki Saito

うつ病ガイドライン徹底解説28(最終回) 睡眠薬



今回は睡眠薬の具体的な種類と効果、副作用などを説明していきます。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬

脳の神経にあるGABA受容体という場所に作用する睡眠薬です。依存性が強く、また、耐性がつきやすく使っていると徐々に効果が弱まるという弱点があります。この依存性や耐性は、長く使っていると出てくるので、あまり長期に投与しないよう注意喚起されています。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

ベンゾジアゼピン系睡眠薬と同様にGABA受容体に作用するのですが、依存性などの副作用が少なくなるように改良された睡眠薬を非ベンゾジアゼピン系睡眠薬と言ったりします。ゾルピデム、ゾピクロン、エスゾピクロンなどがあります。ただ、他にも睡眠薬の種類はあり、どこまでを含むのか定義が曖昧で、俗称に近い言葉です。うつ病学会のガイドラインでは、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬とベンゾジアゼピン系睡眠薬が同じ項目でまとめられています。ただ、うつ病の治療で注目すべきはゾピクロンエスゾピクロンです。これらは、抗うつ薬と一緒に使うと、睡眠だけでなく、うつ病の症状も改善してくれることが分かっています。ただ、唾液が苦くなるという副作用が難点です。

眠くなるタイプの抗うつ薬

抗うつ薬と睡眠薬を同時に使わなくても、眠くなるタイプの抗うつ薬を使えば良いという発想もあります。トラゾドンミルタザピンミアンセリンなどの抗うつ薬を飲むと、かなり眠気が出ます。こうした眠くなるタイプの抗うつ薬を寝る前に飲むと、睡眠薬の代わりになるわけです。

眠くなるタイプの抗精神病薬

抗精神病薬とは脳のドパミン神経系をブロックする薬です。この抗精神病薬を抗うつ薬と一緒に使うことで、うつ病の治療効果を増やすことができるという増強療法については以前説明しました。この時に、オランザピンクエチアピンリスペリドンなど眠気が出る抗精神病薬を使うと、睡眠を促すことができます。

その他の睡眠薬

メラトニンという眠気をもたらしたり、体内時計を整えたりする役割をもつホルモンに近い効果を持つラメルテオンという睡眠薬や、脳内にあるオレキシンという目を覚ませる物質をブロックすることで眠気をもたらすスボレキサントという睡眠薬は、依存性などの副作用が非常に少ないため、最近はよく使われるようになっています。比較的新しい睡眠薬ですね。ただ、効果が弱い部分もあり、うつ病の不眠は頑固な症状ですから、効かない可能性もあります。少なくとも、効くというデータがまだありません。また、バルビツール系の睡眠薬というものも昔は使われていましたが、あまりにも副作用が強いので、もはや使わないようにという注意喚起がなされています。

さて、以上で、うつ病ガイドライン徹底解説シリーズは終了します。これからは、他の疾患のガイドラインを紹介していきますので、今後も宜しくお願いします。

うつ病ガイドライン徹底解説27へ戻る

うつ病ガイドライン徹底解説の目次

#うつ病ガイドライン #うつ病

最新記事

すべて表示

混合うつ病が良くなったら、薬をやめても良い?

前回は、混合うつ病の治療薬について説明しました。とりあえず、初期治療は第三段階までありますし、これで十分でしょう。しかし、これで精神状態が安定したとして、その後はいつまで薬を続ければ良いのでしょうか? 例えば、カゼやインフルエンザであれば、病気の時は薬を使いますが、良くなったら数日から数週間で薬を中止しても大丈夫ですよね。一方で、長らく薬を続けて治療する病気もあります。高血圧や糖尿病などは数十年と

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com