© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com

  • Tomoyuki Saito

うつ病は認知症の初期症状?


(こちらは、昨年にnoteで公開した記事を一部修正してお届けしています)

うつ病というと、皆さんはどんなイメージを抱きますか?

ニュースを見ていると、ブラック企業で働いている方だったり、介護で疲れた人なんかがうつ病になるといった報道が多いように思います。

もちろん、それはそうなんですが、実際は定年退職した後にもうつ病になります。

お年寄りのうつ病も案外多いものです。

そして、高齢になってからのうつ病は認知症のリスクだという報告があります。

つまり、年を取ってからうつ病になると、その後に認知症にまでなってしまうというのです。

なんとも悲しい話ですが、そういう報告が相次ぎ、これはもう事実なんだろうと認識されています。

ただ、どんな場合でもうつ病になったら認知症になるのか、というのは長年の疑問でした。

本当に、そんなに単純な話なのでしょうか?

もしかすると、うつ病の経過によって違うのではないのでしょうか?

これを調べた論文が最近発表されましたので、それを今回はお知らせします。

10-year trajectories of depressive symptoms and risk of dementia: a population-based study. Lancet Psychiatry. 2016.

これはオランダで行われた調査で、うつ病の症状はあるけれども、まだ認知症にはなっていない、55歳以上の方が調査対象になっています。

その方々は合計で3325人です。

この人たちを10年間追跡調査して、うつ病の経過と認知症の関係が調べられました。

ここでは、うつ病の10年の経過を、下記のように5つのグループに区分けして考えています。

1. うつ病の症状が軽い状態で持続している人たち(全体の73%)

2. 初めは重度のうつ病の症状があったけれど、その後に治った人たち(全体の11%)

3. 初めはうつ病の症状が軽かったが、その後に悪化し、最終的には治った人たち(全体の5%)

4. 初めはうつ病の症状が軽かったけれど、じわじわと悪化していった人たち(全体の8%)

5. 初めからずっと重度のうつ病症状が続いている人たち(全体の3%)

この中で認知症になるリスクが高いのは、どのグループか分かるでしょうか?

正解は、4のじわじわとうつ病の症状が悪化していった人たちです。

その他のグループを統計的に調べても、認知症との関係性は見つかりませんでした。

つまり、年を取ってからのうつ病がなんでも認知症と関係するわけではなかったのです。

認知症になるリスクが高いのは、うつ病の症状がじわじわと悪くなるという経過をたどった人たちだけで、これは全体のたった8%に過ぎません。

そして、この論文では、じわじわとうつ病の症状が悪くなってから認知症になっていくという経過は一つに繋がっているのではないかと指摘しています。

つまり、うつ病と認知症という別の病気が順番に発生するのではなくて、

認知症の病変が脳の中に発生し、

物忘れなどの認知症の症状が出る前に、うつ病の症状がまず最初に出現し、

その後に物忘れなどの認知症の症状が出現するのではないかということですね。

うつ病と認知症という二つの病気は、根っこの部分では繋がっているということです。

まあ、それはまだ仮説の段階なんですが、とにかく、このように長期にわたる継続的な調査をすると、新たな事実が判明するということは珍しくありません。

最近は、何かにつけて短期間で結果を出すことが求められることも多く(ビジネスの世界も研究の世界も)、

まあ、それ自体は否定しませんが、

時間をかけた調査も重要だということが、こういう論文を見ると分かりますね。

#認知機能 #うつ病

25回の閲覧