• Tomoyuki Saito

双極性障害の診断改訂を検証する研究をシェアします


双極性障害、別名、躁うつ病とは、気分が落ち込んで悲しくなる、うつ状態という症状と、気分がハイテンションになり活動的になる躁状態(躁病)という症状の両方が出てくる病気です。

この双極性障害の診断に関する研究を今回は紹介したいのですが、その前に、精神疾患の診断について簡単に説明します。

医学では診断をするための基準が用いられることがあり、そのまま診断基準と言います。

精神科における診断基準とは、例えば、(1)(2)(3)という三つの条件を設定し、この中から二つ以上が該当する場合は、診断基準を満たすものとする、といった感じです。

結構、デジタルというか、それこそプログラミングの条件式みたいに、かっちりと決められています。

しかし、心の状態は目に見えない曖昧なもので、しっかりとした検査もまだ無いので、こうした、かっちりとした基準がうまく使えない場合があります。

これが、精神科の診断基準の問題点ですね。

とは言っても、少しでも改善していこうと、時々、改訂されます。

最近では、アメリカの精神医学会が出版している、DSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)という診断基準が、4から5へバージョンアップしました。

そして、双極性障害の診断基準も少し改訂されたのです。今回は、その改訂についての調査研究を紹介します。

Increased Activity or Energy as a Primary Criterion for the Diagnosis of Bipolar Mania in DSM-5: Findings From the STEP-BD Study. The American Journal of Psychiatry. 2017(論文タイトル、雑誌名、発表年)

先ほども書いたバージョンアップにより、双極性障害の躁状態(躁病)の診断基準に活動や活力の増大という記載が追加されました。

こうした診断基準の改訂により、今まで双極性障害と診断されなかった人が新たに双極性障害と診断されたり、逆に今まで双極性障害と診断されてた人が違う診断となるなどの変化が出ている可能性があります。

こうした変化を調べるため、4360人が調査されました。

この4360人は旧バージョンで双極性障害と診断された方です。

このうち、310人は旧バージョンの躁状態(躁病)に当たる症状が出ている状態でした。

これが新バージョンに変わったところ、この躁状態と診断された人は減ったとのことです。

基準が変わり、躁状態の基準を満たさなくなってしまったんですね。

しかし、長期的に見れば、双極性障害と診断される人の数は変わらなかったとのことです。

つまり、今回の診断基準の改訂で、短期的な変化はあったものの、長期的な変化は無いということですね。

個人的には、長期的な変化が無いなら改訂の意味が無い気もしますが、、

まだまだ精神疾患の診断基準は未成熟なので、少しずつ発展させていくしかないと思います。

いつかは、採血や画像検査などで診断できるようになると、もっと診断の精度が上がると思うのですが、もう少し先の話ですかね。

#双極性障害

24回の閲覧

最新記事

すべて表示

回答:脳梗塞後の身体と心の症状

下記の質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 70代 ■性別を選択してください。 男性 ■子供時代について教えてください。 両親は離婚し、養護施設で高校まで育つ。 ■いつから、どんな症状があるのか、時間の流れに沿っ... 9年前、脳梗塞になり、左手、左足先に少し痺れが残ったが、日常生活は、できた。しかし、仕事をやめざるを得ず、悶々とした日々が続き、次第に

回答:疲労は病気か心の問題か

下記質問をいただきましたので回答します。 ■年代を選択してください。 60代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 幼稚園から失敗は許されないと感じていて高校生まで優等生学級委員など当然のようにこなしていたし、苦痛でもとないと思っていたが、小学校からずっと、年中腹の痛み、頭痛、時々倒れるという症状があった。親が気にするなというので、我慢した。我慢強い性格だった

回答:トラウマの対応

下記内容で質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 20代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 機能不全家族で育ったため、非常におとなしくビクビクして過ごす子どもでした。 父親は酒乱で乱暴、身体的にも精神的にも虐待を行う人でした。性格は短気で理不尽、理論的な話し合いができなく、気に入らない事があると直ぐに手をあげて怒鳴り散らすような人物です。

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com