• Tomoyuki Saito

自閉症スペクトラムとADHDの境界線



今回は自閉症スペクトラムとADHDという発達障害の診断について話します。

精神科の診療をしていると、患者さんが「A病院とB病院に行ったけど、言われた病名が違う」などと言って不満そうにしているケースを時々見かけます。たしかに、病院によって診断がころころと変わるというのはなんだか分かりにくいですし、良い加減なことを言ってんじゃないのと不審に思うこともあるかもしれません。例えば、内科の病院で診断が病院によってころころと変わるなんてそんなに無いですしね(まあ、それでも時々あることだとは思いますが)。ただ、精神疾患の診断は、実際のところ重なり合いが強くて、境界が不明瞭なことが多いのです。つまり、「あなたはこの病気です!」とクリアカットに分けられないんですよね。その一例として、今回は自閉症スペクトラムとADHDの重なり合いについての研究を紹介したいと思います。

現代の精神科では、基本的に症状の経過から診断を下します。ただ、患者さんから症状を聞いていると自閉症スペクトラムに特有の症状である人付き合いの苦手さ、コミュニケーションの不得意さなどと、ADHDの注意力がなく落ち着きがないという症状の両方を併せ持つ人は珍しくありません。実は、この2つの診断も境界が曖昧なものなんです。これを最新の脳科学的なアプローチで解明しようとするアメリカの研究がありました。

Aoki Y, et al. Association of White Matter Structure With Autism Spectrum Disorder and Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder. JAMA Psychiatry. 2017(著者、論文タイトル、雑誌名、発表年)

この研究では、MRIの拡散テンソルという技術を使っています。MRIはよく大きな病院にある装置で、体の中をスキャンするものです。この手法はいくつかの種類があって、拡散テンソルは脳の神経の回路、神経同士のネットワークを可視化する技術です。この拡散テンソルを使って、自閉症スペクトラムとADHDが脳科学的にも重なり合っているのかが調べられました。

この研究には子供たちが参加しています。自閉症スペクトラムと診断された69人の子と、ADHDと診断された55人の子たちが参加し、また特に発達障害など無い子供が50人参加しています。彼らの脳の神経ネットワークを解析したところ、自閉症スペクトラムの子供では脳梁という部分が強く関係していることが分かりました。ただ、ADHDの子にも、発達障害と診断されていない子供にだって自閉症スペクトラム的な傾向がある子はいます。診断に関係なく、人付き合いやコミュニケーションが苦手な子はいるのです。この研究では、それを裏付ける結果が出ました。実は、発達障害などの診断に関係なく、脳梁は社会性やコミュニケーション能力に関わっていたとのことです。つまり、脳梁の神経ネットワークが弱いと人付き合いやコミュニケーションは苦手になるものの、ADHDの子も同じですし、診断には関係しないとのことです。

こうした結果を見ると、表面的な診断にどれだけの意味があるのか疑問です。生まれながらに脳の形状は違います。そのため、生まれながらに人付き合いが苦手な人もいるでしょう。ただ、それは診断に関わらず誰にでもあることです。生来の脳の特徴、性質や能力を、わざわざ発達障害と診断する意味は少ないのかもしれません。精神科の診断なんて曖昧なものですが、こうした脳科学的なアプローチがそれを証明してくれますね。

#ADHD #自閉症

200回の閲覧

最新記事

すべて表示

回答:脳梗塞後の身体と心の症状

下記の質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 70代 ■性別を選択してください。 男性 ■子供時代について教えてください。 両親は離婚し、養護施設で高校まで育つ。 ■いつから、どんな症状があるのか、時間の流れに沿っ... 9年前、脳梗塞になり、左手、左足先に少し痺れが残ったが、日常生活は、できた。しかし、仕事をやめざるを得ず、悶々とした日々が続き、次第に

回答:疲労は病気か心の問題か

下記質問をいただきましたので回答します。 ■年代を選択してください。 60代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 幼稚園から失敗は許されないと感じていて高校生まで優等生学級委員など当然のようにこなしていたし、苦痛でもとないと思っていたが、小学校からずっと、年中腹の痛み、頭痛、時々倒れるという症状があった。親が気にするなというので、我慢した。我慢強い性格だった

回答:トラウマの対応

下記内容で質問がありましたので、回答します。 ■年代を選択してください。 20代 ■性別を選択してください。 女性 ■子供時代について教えてください。 機能不全家族で育ったため、非常におとなしくビクビクして過ごす子どもでした。 父親は酒乱で乱暴、身体的にも精神的にも虐待を行う人でした。性格は短気で理不尽、理論的な話し合いができなく、気に入らない事があると直ぐに手をあげて怒鳴り散らすような人物です。

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com