• Tomoyuki Saito

男性ホルモンを抑える性的倒錯の治療


性欲と男性ホルモンアンドロゲンとも言います。色々ありますが、主な男性ホルモンはテストステロンです)は関係していると考えられています。

男性ホルモンの働きを抑えることで、性欲を抑えるという治療があり、これが性的倒錯の治療に用いられることがあります。

プロゲステロンという、女性の妊娠などに関わるホルモンには、男性ホルモンを抑える効果がありますが、このプロゲステロンと似たような働きをする薬物が、男性ホルモンを抑える治療に使われます。

こうした薬を、そのまんま、抗男性ホルモン薬抗アンドロゲン薬などと言います。

さて、ここで、ざっくりとホルモンの説明をします。

ホルモンは様々な内臓、器官から分泌されて血液中を流れていますが、最終的には受容体というものに受け取られて効果を発揮します。

男性ホルモンについても同じで、男性ホルモンの受容体があるわけですが、抗男性ホルモン薬は、男性ホルモンが受容体に受け取られるのを阻止します。

このため、男性ホルモンは効果を発揮できなくなるわけです。

また、これとは別の方法で男性ホルモンを抑える働きもあります。

抗男性ホルモン剤は、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRHと略します)や黄体形成ホルモン(LHと略します)などのホルモンの分泌を抑えます。

このGnRHLHを分泌させる働きがあり、LH男性ホルモンを分泌させます。

まとめると、GnRH - LH - 男性ホルモン、の順番です。

つまり、GnRHやLHは、リレーみたいな形でつながりながら、男性ホルモンを分泌させるホルモンなんですね。

抗男性ホルモン薬は、こうした役割を持つGnRHやLHを抑えることで、間接的に男性ホルモンの分泌を抑える働きもあるのです。

代表的な抗男性ホルモン剤は、メドロキシプロゲステロンです。

メドロキシプロゲステロンは日本でも月経の異常や子宮癌の治療などに使われている薬です。

この薬を性的倒錯の患者さんに投与すると、異常な性的行動や性的な想像が減るという研究結果が得られており、海外では性的倒錯の薬としても使われます。

よくある副作用は体重増加頭痛のようですが、うつ状態になったり、高血圧糖尿病、血が血管の中で固まる血栓症という病気が起きやすくなったりという副作用が出ることもあります。

また、まれに肺塞栓といって、肺の血管がつまって呼吸不全になるという副作用が出ることもあります。

この肺塞栓は、死亡する可能性もある怖い副作用です。

こうした副作用のリスクから、使用する時は慎重になるべきで、定期的に精神状態をチェックし、半年ごとに血液検査、血圧、体重の測定などを行うようにとガイドラインに書かれています。

他には、シプロテロンという抗男性ホルモン薬もあります。

シプロテロンは現時点で、日本では使われていないようですね。

アメリカではメドロキシプロゲステロン、ヨーロッパの一部ではシプロテロンというふうに、国によって使われている薬に違いがあるようです。

性的倒錯の治療ガイドラインの徹底解説に戻る

#性的倒錯

最新記事

すべて表示

SSRIによる性的倒錯の治療

性的倒錯は、強迫性障害に近い場合があります。 強迫性障害とは、なんども同じ考えが浮かんだり、同じことを繰り返す病気です。 例えば、家の鍵をしめたのに、鍵がしまってないという考えが浮かんできて、なんどもしまっているか確認してしまうというものです。 自分でも考えや行動を抑えることができず、衝動的に動いてしまいます。 つまり、衝動をコントロールできない病気とも言えます。 性的倒錯も、異常な性的な考えが浮

GnRHアナログによる性的倒錯の治療

アナログは類似物とか類似体という意味です。 私たちの体の中には、性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)放出ホルモン、略してGnRHというホルモンがあり、人間の生殖機能に対して重要な役割を担っています。 そのGnRHと似た働きを持つ薬物なので、GnRHアナログと言うわけです。 このGnRHアナログは、日本でも、子宮内膜症や子宮筋腫,前立腺癌、乳癌などの治療に用いられます。 そして、性欲を抑える効果も強い

性的倒錯の治療ガイドラインの徹底解説

異常性欲などとも言われますが、性的倒錯(小児性愛や性的サディズムなど)の治療についてガイドラインを元に解説します。 元にするガイドラインは、世界生物学的精神医学会が2010年に発表したものです。 参考文献:The World Federation of Societies of Biological Psychiatry (WFSBP) Guidelines for the biological

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with Wix.com